皆さんは暇な時間があるときどのように時間を持て余していますか?この質問にすぐに答えが出てこなかった方にはぜひ試してもらいたいのが「糸通し」です。このゲームはガラケー時代から存在していたゲームでこれまで数多くの暇を解消してきた強者です。

そんな本作についてこれから徹底的にレビューしていきたいと思います。

シンプルな操作がより中毒性をもたらす

本作はガラケー時代から存在するゲームですが、スマホ版の登場によってこれまでとは異なった新次元の操作が可能になりました。

シンプルで高難易度なアクションがクリアできそうでできない悔しさをにじませることもこのゲームの特徴ですね。

電車では隣の席の人の携帯画面が視界に入ると、本作をプレイしているなんてこともあるかもしれませんね。

特にガラケー世代の方はガラケー時代にプレイしていたゲームがスマホ版でリニューアルされていたら気になると思いますし、そういった方は懐かしさと同時に新感覚な面白さを同時に体験できるのでぜひおすすめですね。

特徴は難易度の高さと癖のすごさ

元祖糸通し androidアプリスクリーンショット2

僕も周りの友達と一緒にプレイしましたが、最初のうちは10本行けば「おーっ!」といわれるレベルで難しいです。

本当に初めてのプレイだと1本行けばものすごくセンスあると思います。
シンプルな操作なのになかなか糸の上下動のリズムをつかむことが難しくてハイスコアは出にくいのですが、シンプルだからこそ頑張れば行けると思える感覚が中毒性をもたらします。
絶妙な難易度設定がこのゲームの難易度設定を具現化している大きな要因になっていると考えられます。
RPGなどのような凝った設定のあるゲームに疲れた方はこのようなシンプルなゲームに取り組んで一休みと思ったらドはまりなんていう展開もいいかもしれませんね。

糸通し攻略のコツ

元祖糸通し androidアプリスクリーンショット3

管理人である私の自己ベストは31でした。かなり頑張りましたね。

すごく難しいですw
しかしやっていくとある程度の戦略は立てられるようになってきました。針をくぐる→次の針までに高さを合わせる→高さを調整しながら平行に飛ぶことを意識する。こういった戦略を立てると20台は目指せるようになってくると思います。しかし「もう一回」「もう一回」が長く続くゲームなので忙しい方は時間管理に気を付けた方がいいかもしれません。またちょっと余談をすると、本作では「春メンズ」と呼ばれるBGMが採用されていますが、このBGMが中毒性をもたらすと話題です。
「ハルメンズ」の作曲者はキューピーのCM「たらこ」の作曲者なのですが、この事実を聞くとBGMが中毒性のカギを握るということに納得できますね。

ゲームの流れ

androidアプリ 元祖糸通し攻略スクリーンショット1
タイトル画面も至ってシンプルでどこかからの挑戦状のような画面ですね。
androidアプリ 元祖糸通し攻略スクリーンショット2
名前をゲーム内で登録しておくとよいスコアが出たときにランキングに自分の名前が載るので達成感が倍になりますね。
androidアプリ 元祖糸通し攻略スクリーンショット3
これがプレイ中に取ったスクショになりますが、このような形で糸を上からか下から入れていきます。
androidアプリ 元祖糸通し攻略スクリーンショット4
最初の針でいきなりやられることも考えられるので、糸が粉砕したときは叫びがちですw
androidアプリ 元祖糸通し攻略スクリーンショット5
スコアの下にある復活券は課金コンテンツのことでこれを使うことで失敗したところからやり直しすることができます。

実際のプレイ中の動画がこちら↓

おすすめの記事